ノートが一冊埋まるまで-toMokaのイラストブログ-

ガールズイラストレーターtoMokaのブログ

ノートが一冊埋まるまで

【千葉】亀岩の洞窟(濃溝の滝)


こんにちは、toMokaです。

最近「フォトジェニック」という言葉に振り回されている一人ですが、フォトジェニックな写真が撮れると話題になっている「亀岩の洞窟」へ行ってきました。

フォトジェニック云々、抜きにしても非日常を感じられる素敵なところでしたのでご紹介します!

 

亀岩の洞窟って?

亀岩の洞窟は千葉県君津市にある片倉ダム周辺にある公園の一つ「清水渓流広場」の中にある人口の洞窟で、350年くらい前に水田耕作のために作られたそうです。

昨今テレビやツイッターなどで、その幻想的な雰囲気から話題話になっているらしいです。(直接テレビなどで観た訳でなく人から聞きました。)

 

亀岩の洞窟・濃溝(農溝)の滝・清水渓流広場 - 千葉県君津市(きみつし)のお得情報が一番わかるポータルサイト|きみなび

↑参考にもさせていただいた、君津市ポータルサイト「きみなび」のページです。 

亀岩の洞窟の場所

アクアラインから車で40分くらいなので行きやすく、途中に大多喜や久留里を通るので歴史が好きな方は合わせて楽しめるスポット。亀岩の洞窟から少し足を延ばすと鴨川シーワールドにも行ける好立地です!

 

 写真と感想 

f:id:toMokainfo:20170916222445j:plain

私もフォトジェニック?な写真を撮ろうとスマホを片手に張り切りましたが、到着した時間が10時過ぎ。確かに幻想的な雰囲気はありますがメディアで紹介されているような光が洞窟を通り水面に反射しているとは違う?と思っていると。

なんと、メディアで取り上げられていた写真は朝7時くらいに取られた物らしいです。

早起きしないと撮れない写真ですね。フォトジェニックとはある意味、修行のようなものかもしれません。

 

ですが、空気が澄んでいて水のせせらぎを聞きながら眺める洞窟は幻想的の一言に尽きます。

f:id:toMokainfo:20170916222434j:plain

 

亀岩の洞窟以外にも散策できるのでリフレッシュするにはぴったりな場所でした。非日常を味わいたい方にはオススメです。

 

亀岩の洞窟の後は南房総の道の駅と鋸山へ行ってきました。そちらは別記事でまとめたいと思います!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。