ノートが一冊埋まるまで-toMokaのイラストブログ-

ガールズイラストレーターtoMokaのブログ

ノートが一冊埋まるまで

【水彩】イラスト原画作成の様子を紹介


 

f:id:toMokainfo:20180312152436j:plain

こんにちは、前回から記事にアイキャッチを入れている toMokaです。

 

反応が良ければ続けていきたいと思いますが

多分、アイキャッチ続かない気がします。。

 

アイキャッチを見ていただければ分かると思いますが

ミニ色紙に描いたアナログイラストの紹介です!

 

普段は修正がしやすいデジタルで描いているので、

修正できないアナログイラストは緊張しますね!!

 

◆普段のイラストはこちらから

www.karappo55.com

 

 

色紙に描いたイラスト

ミニ色紙に描いているのですが、

色紙に描くメリットは水張りをしなくて良く

イラストボードより手に入りやすく

色紙なので額やフレームに入れなくてもそれだけで完成されているところだと思います。

 

着彩

着彩は「アクアッシュ」を使っています。

しかも高校生の時にもらった古いやつです。

 

アクアッシュはとても使いやすいのですが、

ホルベイン水彩の30色があるので自分で固形水彩を作ろうかなーと思っています!

固形絵の具にすると、片付けも少なく手軽にできるので良いですよね!!

 

学生の時は水彩でもパレットを洗うのが面倒で紙パレットを使っていたくらいズボラなので、手軽さは重要だったりします。

 着物の女性

ストライプの着物に正面を向いた女の人です。

f:id:toMokainfo:20180312151055j:plain

正面を向いた顔は細かい修正ができないアナログだと大変でした。

でも、その大変さがとても楽しかったです。

 

たくさん描いてアナログで正面向きもサラサラ描けるようになりたいです。

 

色ぬり4段階

f:id:toMokainfo:20180312151106j:plain

①線画は「ピグマ0.1黒」を使っています。

水性なのですが耐水性と同じくらい乾くと滲むこともなく描けます。

使い込んでいるペン&筆圧が強いので買った当初よりペン先が太くなっています。。

本来なら画像よりもっと細く描けます。

 

②肌の色はアクアッシュのオレンジと水彩色鉛筆(STABILOaquacolor 335)を使っています。チークはオレンジそのほか影になるところはスタビロ水彩色えんぴつ、唇はアクアッシュの赤です。

 

③アクアッシュの黒を入れていきます。いきなり濃い色を入れずに少しずつ濃くしていきます。

 

④仕上げにコピックマルチライナーの0.5で髪の毛に線を描き足し、唇はぺんてるマルチ8のREDを塗り込んで完成です。

 

使った画材紹介 

 

ブラウスの女性

f:id:toMokainfo:20180312151306j:plain

青みがかった黒髪を目指し塗って見ました。

今回から画材に筆ペンを追加して仕上げました。

 

色ぬり4段階

f:id:toMokainfo:20180312151311j:plain

 

①線画の撮影を忘れたので下描き画像です。

線画はデリータのネオピコライン3のセピアを使いました。

 

②肌の色はアクアッシュのオレンジと水彩色鉛筆(STABILOaquacolor 335)を使っています。チークはオレンジそのほか影になるところはスタビロ水彩色えんぴつで「着物の女性」と同じです。

 

③全体の下塗りをアクアッシュで塗っていきます。

 

④仕上げは筆ペンで黒を入れ、その上からアクアッシュのブルーを入れ青みがかった黒髪にしました。

 

使った画材紹介 

 

 最後に

メイキングもどきみたいな記事になってしまいましたが、

アナログイラストは少ない画材でも楽しく描けますよ!

っていう事が伝われば良いなと思います。

 

コピックというイラスト用マーカーを60本くらい持っていたのですが、

使わなくなり漫画家やっている友達にあげちゃいましたが

水彩の方が手に馴染むのでこのまま水彩を続けていこうと思います。

 

それでは

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!!