ノートが一冊埋まるまで-toMokaのイラストブログ-

ガールズイラストレーターtoMokaのブログ

ノートが一冊埋まるまで

【火星大接近】肉眼で火星を観測しよう♪


 

f:id:toMokainfo:20180730163647p:plain

こんにちは、toMokaです。

 

昨年開催した個展のテーマも「宇宙」だったくらい宇宙大好きなので

この夏!楽しみにしている天体ショーがあります。

 

それは「火星大接近」です。

 

2018年7月31日は15年ぶりの火星大接近!

15年前の2003年は地球と火星が5576万kmまで接近したのですが

 

◆2018年はどのくらい接近するのか

◆火星の位置と方角と観測しやすい時間

◆観測のポイントまとめ

 

を調べていこうと思います!

肉眼でも観測ができるので夜空を見上げて見ませんか?

 

 

地球と火星の距離

2018年は地球と火星との距離が5759万kmとなり、見掛けの大きさは24.3と通常より7倍大きく見えます。

 

7倍なら肉眼でも見つけやすのでは???

という期待を胸に夜空を見上げようと思います。

 

ちなみに次回の火星大接近は2年後ですが

今回2018年並みに接近するのは2035年になるそうです!

 

ですので、今年は大きく輝く火星を見るチャンスの年ですね。

 

見頃は2018年6月下旬から9月上旬まで

2018年6月下旬から9月上旬まで

いつもより明るく輝く火星が観測できます。

 

ですので、明日の31日だけではなく

今晩にでも夜空を見上げてみても良いですね♪

 

接近する様子

 

火星がよく見える時間帯と位置を知ろう!

調べてみると

7月31日の夜9時ごろ、南東の低い位置

一番接近しひときわ輝いて見えるそうです!

 

火星大接近のピークは7月31日限りではなく、

1週間前後は同じように観測できるので

31日の天候が悪くて翌日にも観測できます!

 

ピークを逃してしまっても9月下旬までは

いつもより明るい火星を観測できるので、ぜひ夜空を見上げてみてくださいね。

 

www.nao.ac.jp

 

観測のポイントまとめ

◆地球と火星との距離が5759万km

普段の7倍の大きさに輝いて見えます!

 

◆7月31日の夜9時ごろ南東の低い位置に見える

接近のピークは前後1週間!同じように輝く火星を観測できる

 

 今回の火星大接近を逃すと次は2年後

今回並みの接近は2035年

 

今回のアイキャッチイラスト

f:id:toMokainfo:20180730172612p:plain

個展のテーマを「宇宙」にするくらい宇宙が好きなのですが、SF風には描いていませんでした。

 

せっかくの火星大接近!

SFっぽいイラストを描きたい、と思いSF風味。

 

火星人はなんでタコっぽいイメージなんでしょうか。

 

個展開催した際に知り合いから

「男子のテーマになりがちな宇宙をチョイスするあたり。すごくいいね」

と言ってもらえたことが印象に残ってます。

 

そっか。宇宙って男の子が好きなテーマなんだ。

知らなかった。

 

ガールズイラストの展示会だと「星」や「月」など見かけても

「宇宙」って少ないのかな??

 

【関連記事】

www.karappo55.com

www.karappo55.com

www.karappo55.com

 

最後に

ひときわ輝く火星!

堪能しましょうね♪

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました!!